居心地の良いマイホームを作るインテリアの中でも、家主の個性が演出され、リビングの居心地と雰囲気を決める大切なアイテムがソファーです。造り付けの家具が主流になってきている現在の住宅でも、ソファーは、自分が気に入ったものを家具店で購入することがほとんどで、自分の家にあっていて、お気に入りのソファーを選ぶことができるかどうかは、家の居心地を大きく左右します。見た目や好みに合っているかも大切ですが、自分の家のリビングの大きさや動線にあっているかどうか、座り心地は良いか、また、自分や家族の人数や過ごし方と合っているかどうかなどを慎重に考えて選ぶことが大切です。おしゃれさを追求するあまり、自宅に置いてみたら居心地が悪かったということもあるので、自分の家にあったものを探しましょう。

高級ソファーのデザインと座り心地

リビングの主役であるソファを選ぶときには、どのような過ごし方をしたいかを考えてから選ぶことがおすすめです。脚をのばしてゆっくりとテレビやDVD鑑賞、読書などをしたいなら横になることができるカウチソファやローアーム、アームレスなどがおすすめです。奥行きが深く、ゆったりと座ることができるので、横になっても、座っても居心地が良いことが特徴です。くつろぎ重視ならハイバックやオットマンがついているタイプもくつろぐことができるのでおすすめです。来客が多かったり、座っていることが多かったりする場合には、座面が広く、背もたれのクッションがしっかりとしている木製の枠組みのソファや応接タイプのレザーソファーは高級感があり、ホテルのようなラグジュアリーな雰囲気を演出できるのでおすすめです。

高級ソファーを選ぶときのポイント

家にいる時間の中でも、特に過ごす時間が多いソファを選ぶときには、デザインの好みや座りやすさで選ぶことが多いのですが、家に合った大きさのソファを選ぶことも大切です。値段が張ることが多い高級ソファーは、大型のものが多いため、家に設置してみると動線を邪魔してしまったり、大きすぎてリビングが狭くなってしまったりすることがあるので、大きさをはかってから購入することをおすすめします。リビングから他の部屋に行くためのドアやキッチンへ向かうときの動線を邪魔しない大きさや大きすぎて部屋をソファが占領してしまわない大きさを良く把握してから選ぶことがポイントです。部屋に新聞紙などで大きさをシミュレーションしてみることもおすすめです。高級ソファーは存在感があるので、周辺に余裕がある物を選ぶことで、ソファの良さを発揮することができます。